こんにちは。
管理人のRinです。

わたしは、産後に白髪が生えてきてから、抜くのはあまりよくないと聞いていたので、よく白髪を切っていました。そうやって白髪を切っていたら、驚くべき状態になりました。いま白髪を切ろうとしてるあなたは、ぜひ最後まで読んでから切り始めてくださいね。

白髪を切るようになった理由

産後に白髪が生えてきて、初めは抜いていましたが、白髪を抜くのは頭皮によくないと知ってからはできるだけ切るようになりました。

産後白髪は抜くと増えるって本当?増える原因は?

 

 

わたしの白髪は、この画像の方のような前髪の分け目、生え際(ちょうど指が差す部分)に多く生えるようになりました。ちょうど前髪の分け目なので、とても目立つところであり、1,2本ではなく5~10本単位で生えてきてしまったこともあり、白髪を根元で切るようになりました。また前髪だけではなく、頭の側面の内側に生えた白髪も、根元で切るようにしていました。

白髪を切るようになった結果

白髪が気になる度に切るようにしていましたが、その結果をお話しします。白髪って太くて硬い毛になることが多いと思うのですが、その太くて硬い毛が伸びてきた時に、髪の毛の内側から突き出てきたり、前髪の内側に多く生えると、前髪自体に変な癖がつくようになってしまいました。(前髪の内側に短い硬い白髪が生えて、髪の毛を押し出す感じですね・・)

 

これは本当に想定外な出来事で、結局突き出た白髪をまた切るか、短いので結局抜いてしまったりするようになってしまいました。頭の後頭部の分け目に生えてきてしまうと、白髪だけ角のように立ってしまったりするんです。

短い白髪は染めるのも大変

白髪を切ることによって、こうやって短い硬い白髪が多くなってしまいました。そんな時たまたま美容院に髪の毛を染めに行くと、「白髪切ってる!?」と聞かれ、白髪が気になって切ってしまってる旨を伝えると、白髪が(硬い毛なので)立ってしまって染めづらいと言われてしまいました。これは、カラー剤を塗っても、白髪が立ってしまうのできちんと塗れないということでした。ですので、白髪を切ってしまってる方は、自宅でカラーするときに、この短い硬い白髪に苦戦してしまうかもしれません。

短い白髪を染めるにはキッチンペーパーを使おう

美容院で染める方は、美容師さんがあの手この手でなんとかしてくれるはずですが、自宅でセルフカラーリングする方は、短い白髪も染まるようにしてください。染める時は、白髪を寝かせてカラー剤を十分浸透させてあげることが大切なので、カラー剤を塗った後に、キッチンペーパーを重石代わりに使うのがおすすめです。生え際などだけに使用する場合は、キッチンペーパーを細長く切って、生え際や分け目にフィットするようにすると、使いやすいです。その上からサランラップ、タオルなど頭皮を温めるようにすると、さらに染まりやすくなります。キッチンペーパーを使うアイデアは、美容師さんもやっている方法なので、ぜひお試しください。

まとめ:白髪の本数に気になったら染めてしまおう!

今回はわたしが白髪を切りすぎたせいで起こった事例をご紹介しました。わたしだけではなく、当てはまる方も多いと思います。また白髪を切るつもりでハサミを入れたのに、全然違う普通の髪の毛を切ってしまうこともありませんか?わたし、それよくやってしまいます・・。笑

白髪は抜くと頭皮にあまりよくないので、まだ切るほうがおすすめですが、できれば抜いたり切ったりする前に、染めてしまうほうが後々楽になるようです。切ってしまった白髪は、期間が経って生えてくると、短くて硬い白髪がピンっと立ってしまって染めづらくなってしまうので、白髪の本数が気になりだしたら、染めてしまうほうがいいかもしれません。くれぐれも抜きすぎ、切りすぎには注意をしてくださいね。