こんにちは。
管理人のRinです。

 

 

白髪染めについて調べているうちに

和漢彩染

というものに出会いました。

和漢彩染は、第4のヘアカラーと呼ばれ、最近とても注目されているヘアカラー剤です。

主成分は口に含んでも大丈夫な、小麦粉、ハーブ、コーンスターチが使われているそうです。本当に白髪がきちんと染まるのでしょうか?

今回は、和漢彩染のヘアカラーについてご紹介します。

 

 

和漢彩染とは?

 

 

和漢彩染は、名前の通り和漢植物エキス(ハーブなどの天然保湿成分)を原材料にしたヘアカラーのことです。

アルカリ剤、界面活性剤、過酸化水素水を使用しないので、髪と頭皮に優しいヘアカラーです。

原材料は、水、和漢植物、自然食品、染料等の素材でできています。

 

なので、和漢彩染は痛まず、臭わず、低刺激で、髪に優しく、染める度に髪の毛が美しくなるのです!

また美容院でも和漢彩染を行っているサロンが数多くあります。

 

ここまで聞くと、本当に自然派のヘアカラーなんだということがわかりますよね。でも、こんな自然なものだけで作られたヘアカラーでちゃんと染まるの?そもそもどう使うの?と疑問に思いませんか?

 

私自身も妊娠してから、やはりどんどん自然派になっていくので、和漢彩染にとても興味あります!

 

 

ヘナと和漢彩染は違うの?

 

 

自然派の白髪染めと言えば、ヘナを思い浮かべませんか?

この和漢彩染とヘナは一緒ではないのでしょうか?

 

ヘナも自然派のヘアカラーではありますが、この和漢彩染とは少し違います。ヘナだと染める時の面倒くささ、染まりにくい、色の種類が少ない、というデメリットがありますが、和漢彩染はそのヘナのデメリットを解消してくれるヘアカラーです。

 

和漢彩染はパウダー状になっており、自分でぬるま湯を足して液を作ります。このパウダーは10色ほどあるのですが、自分の髪の毛の色、好みの色に合わせて調合することで、何通りもの色味を作ることができます。

 

色味も多いことながら、”ヘナよりも染まる”との評判が高いです。

 

 

和漢彩染をおすすめしたい人

 

 

では、和漢彩染はどんな人向けの商品なのでしょうか?

 

  • 今の髪の毛の明るさをキープしたまま白髪染めしたい人
  • 明るくなる過ぎた色を抑えたい人
  • トーンダウンしたい人
  • 地肌が弱い人
  • 天然のものや自然派の人

 

和漢彩染で今の髪の毛の明るさを、さらに明るくするのは難しいです。

自然派志向の人で、今の髪の毛と同じ明るさや、少し暗めにしたいな、暗くせずに白髪を染めたいな、という人にピッタリな商品です。

 

 

使い方が簡単な和漢彩染はトリートメント効果もあり

 

 

和漢彩染の使い方をご紹介します。

和漢彩染パウダーを3~4倍のぬるま湯で溶いていきます。

この時、パウダーがマヨネーズ状になるのが目安です。

根元から毛先までたっぷりと塗り、頭にラップを巻いて30分ほど放置し、その後シャンプーで洗い流します。

 

とても簡単ですね。

始めはパウダーの調合や、ぬるま湯の配合など悩むことはあるかもしれませんが、慣れてくればトリートメント感覚で簡単に染めることができます。

 

和漢彩染の原材料は12種類のハーブパウダーなので、頭皮に優しく、トリートメントしたような艶がでます。

天然成分のヘアカラーで、トリートメント効果も期待できるのはありがたいですね。

 

 

和漢彩染はどこで購入できるの?

 

 

和漢彩染がどこで購入できるのか調べてみました。

レビューも多く、送料も安く、購入時にレシピがついてくるというお店がおすすめです。

 

 

画像をクリックすると商品ページに飛ぶことができます。

 

こちらの和漢彩染は1袋120gで、2袋セットで¥3,380(税込、送料込)で購入することが可能です。

サイトに詳しくカラーレシピが載っています。

お気に入りの1色を自分で作り出すのも、楽しいですよね。

 

 

和漢彩染のレビュー

ここで商品ページから、和漢彩染のレビューについて調べてみました。

 

悪いレビュー

  • カラーによって白髪の染まり方が違う(BB8が白髪染めには良さそう)
  • 少し臭いはあるが、ヘナよりはだいぶ良い
  • 調合に悩む

 

良いレビュー

  • うねりや太い髪の毛でも染まる
  • ツヤツヤになる
  • 痛まないので何度も染められる
  • やってみると意外と簡単
  • 肌についてもきちんと色が落ちる

 

レビューを見ていると、悪いレビューよりも良いレビューの方が圧倒的に多くありました。

臭いも人によっては全くしない、という人もいましたし、調合に悩むのも最初だけというレビューもありました。

レビューを見ているだけでも、調合の参考になるものがたくさんありました。

 

 

調合とかめんどくさいという方は・・

お風呂で簡単にトリートメント感覚で染める、ヘアカラートリートメントがおすすめです♪

 

産後白髪に!ヘアカラートリートメントの使い方

 

 

まとめ:和漢彩染は自然派のヘアカラーだけど、きちんと染まる!

 

 

今回は、和漢彩染についてご紹介させて頂きました。

ヘナについては知っていましたが、和漢彩染については聞いたことがなかったので、とても新しい発見ができました。

白髪は目立ってくると気になってしまって、染めてから3週間もすれば気になり始めますよね。

和漢彩染なら、期間が短く何度染めても頭皮にあまり負担がかからりません。今まで普通の白髪染めで頻繁に白髪染めをしていた人は、一度お肌に優しいものを使ってみるものいいかもしれません。自然派のものだと、髪がきしんでしまったり、ゴワゴワすることが多くありますが、和漢彩染のヘアカラーならトリートメントしたような艶も期待することができます。

私も次回の楽天マラソンで狙ってみようかな、と思っています。

 

 

楽天マラソンするなら・・